人材が不足する福祉業界|ナースではたらこが転職のキッカケになる|資格を活かした仕事

ナースではたらこが転職のキッカケになる|資格を活かした仕事

レディ

人材が不足する福祉業界

病院

福祉業界の実情

少子高齢化が進む日本では介護サービスに対する需要が高止まりしています。その一方で、高齢者向けの福祉施設や医療施設では介護を担当するスタッフ不足が慢性化しており、どの施設も人材不足を補うための求人を積極的に行っています。人材不足の原因となっているのは、介護が体力を使う重労働である一方で、給与水準が他業界の求人に比べると相対的に低いという点が挙げられます。介護という仕事に魅力を感じつつも、給与水準が低いために求人への応募に二の足を踏んでいる人は少なくありません。こうした慢性的な人手不足を解消するために行政も動き出しており、求人の待遇条件の改善を促したり、福利厚生制度の充実化を図る動きも出始めています。

条件の良い職に就く方法

少しでも好条件で就職をしたいと言う人は、就職をする前に介護に関する資格を取得しておくと有利です。介護スタッフには特別な資格を有する人が就く事が出来る職種と、そうでない一般的なスタッフが就くことが出来る職種の2種類があり、資格が必要となる職種の方が求人条件が良い傾向にあります。こうした資格は専門学校等を出ていなくても取得できる資格なので、就職活動前に取得しておいて損は無いでしょう。また、介護業界では運営している企業の規模や財務体質の強弱によって、待遇条件や福利厚生制度に大きな差があります。例えば福利厚生制度が充実している企業では寮制度が完備されていたり、保育施設が施設内に完備されている所もあるので、事前にチェックすると条件の良い案件が見つかる可能性が高まります。